柏で『個人再生』をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による個人再生@柏

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生を行うと

個人再生は,再生計画に基づいて減額した借金を,原則3年,例外として最長5年で分割して支払う手続です。

個人再生は,裁判所を介する手続であり,通常,手続に半年以上の時間を要します。

個人再生はこれまでについた利息等をカットしてもらえるよう交渉するので,借金を大きく減額できることがほとんどです。

100万円以上の債務がある方を例にした場合,ア)債務総額の5分の1,イ)100万円,ウ)ご自身の財産の総額の3つのうち,一番高い金額分の債務を支払うということになります。

例えば,600万円の債務があって特に財産がない場合は,先に述べたアに該当し,債務総額を120万円に減らすことができるので,個人再生をお考えの方にとっては大きなメリットになります。

債務整理の手続は,弁護士に依頼すると弁護士費用がかかりますが,弁護士に依頼されることをお勧めします。

弁護士法人心にご相談いただいた場合,個人再生のメリット・デメリットを知った上で,個人再生について依頼するかどうかを決めていただけます。

柏市や周辺地域にお住まいの方は,弁護士法人心 柏法律事務所をご利用ください。

弁護士法人心 柏法律事務所は,柏駅から近く,アクセスが便利です。

また,個人再生のご相談が初めての方は,相談料が原則無料ですので,まずは一度,弁護士法人心 柏法律事務所に相談いただくことをお勧めいたします。

個人再生を行う際の注意点

個人再生手続きを行い,賃金業者に対する支払いを停止している期間は,いくつか注意しなければいけないことがあります。

まず,支払停止期間中は,賃金業者への返済はしてはならないとされています。

住宅ローンについて支払う合意をした場合の住宅ローン債権者を除き,基本的に,個人再生の手続きにおいて債権者は平等に扱わなければなりません。

この場合の債権者は,両親や友人などの個人も含みます。

したがって,個人再生の手続きにおいて,貸金業者からの借入の支払いはやめ,親族等の個人債権者には返済を続けるということは許されないとされています。

一部の債権者にだけ返済することを偏頗弁済といい,場合によっては偏頗弁済分を債務者が弁償させられたり,弁済相手から取り返してくるよう求められたりする場合がありますので,特に注意が必要です。

二つ目に,新たな借入やカードの利用等も禁止されています。

個人再生は,債務者が経済的に再生する機会を与えるための手続きであるため,自分の資力で生活できないような家計状況であれば,そもそも手続きをする意味がないという判断になりかねません。

また,返済できないから個人再生をしているのに,更に借入やカードの利用をすることは,支債権者を欺く行為であるとみなされかねません。

三つ目に,浪費やギャンブル等,むやみに財産を消費する行為もしてはならないとされています。

個人再生では,債務者が持つ財産分は最低限支払わなければならないという基準があります。

自分の財産を故意に消費する行為は,後々その財産分を請求できたであろう債権者の権利を害したとみなされる場合があるため,支払停止期間中は,浪費とみなされそうな支出を出さないことが重要です。

おおまかに三つご紹介しましたが,これらの他にもしてはならないこと,しないほうがよいこと等はあります。

自分の行動で後々自分が不利益を被る可能性を少しでも軽減させるためにも,個人再生を検討されている方はよく弁護士と話し合い,理解しておく必要があります。

また,個人再生の運用については,管轄の各裁判所の各支部がそれぞれ判断を委ねられている部分があり,地区によってその運用は多種多様です。

管轄の裁判所の近くに事務所を構える弁護士は,こういった地元の裁判所の特色を遠方の弁護士よりもよく理解しているので,ご相談の際は近くの事務所の弁護士であることが望ましいでしょう。

柏にお住まいの方は,弁護士法人心 柏法律事務所をご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ