柏で『個人再生』をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による個人再生@柏

Q&Aトップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

個人再生について弁護士に相談する際に大切なポイント

1 負債がどれだけ減額されるか

たとえば,負債額が400万円の方であれば,小規模個人再生をすることで負債額を100万円にまで減額することができます。

負債額が500万円以上1500万円以下であれば,負債額は5分の1となります(600万円→120万円という具合です)。

このように,まずは負債額がどれだけ減るのかを確認することが出発点となります。

2 毎月の返済額

個人再生における返済期間は原則として3年間です。

毎月いくらずつの返済が必要かを負債額と合わせて確認してみましょう。

たとえば,負債額が900万円の方であれば,個人再生をすることで180万円にまで負債が減額されます。

180万円を3年間で返済する場合,毎月の返済額は5万円ということになります。

収入から生活費等を差し引いた結果,毎月の返済額が捻出できるかどうかが個人再生手続きの最も大きなポイントとなります。

3 高額の資産がある方の場合

オーバーローンでない自宅や高額な自動車,解約返戻金がある保険等の財産がある方の毎月の返済額を検討する際には注意が必要です。

負債額が500万円の方が個人再生をする場合,通常であれば負債額は100万円にまで減額されます。

しかし,この方の財産の中に50万円の車と解約返戻金が200万ある生命保険があった場合,個人再生をした場合の最低返済額は250万円となります。

個人再生手続きには,所有している財産の価値以上の返済をしなければならないというルールがあるのです。

このルールは清算価値保障原則と呼ばれています。

財産の価値をどのように算定するのかという点についても確認しておきたいところです。

4 個人再生手続中の支出について

個人再生手続中には浪費的な支出をすることは許されません。

個人再生をする方が浪費をすることはもとより,家族に収入からお金を渡している場合の使い道にも注意する必要があります。

浪費があまりにもひどい場合には,手続き自体が認められなくなったり,個人再生における返済額が増えてしまう可能性があります。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生という手続きの特徴

借金を全て無くしたい場合と異なり,借金を圧縮して長めの期間で支払う「個人再生」では,自宅を手放さずに済む場合や保険の解約をせずに済む場合があるなど,さまざまなメリットが生じる可能性があります。

また,浪費など,借金を全て無くそうとした際に障害となってしまうようなものがある場合でも,個人再生であれば問題なく行うことができる可能性があります。

そのため,手放したくないものがある方や浪費などの事情がある方の場合は,個人再生によって借金を圧縮して返済するという方法をとった方がよいかもしれません。

もちろん,個人再生に関してもデメリットが全くないというわけではありませんので,よく理解して検討する必要があります。

個人再生という手続きについては,あまりよく知らないという方も多いかと思います。

こちらの「Q&A」のページでは,個人再生に関してご依頼者様からよくいただくご質問についてまとめています。

借金の整理をお考えになっている方は,ぜひ目をお通しいただければと思います。

弁護士法人心の弁護士にご相談いただいた場合は,借金問題に詳しい弁護士が,個人再生した方がよいか,それとも他の手段を用いた方がよいかということも含め,しっかりと柏の皆様のご相談に乗らせていただきます。

もちろん,相談したからといって手続きを行わなければならないわけではありません。

手続きのことや見通しなどについてきちんと納得したうえで,実際に行うかどうかご検討いただけます。

皆様からのご質問についても丁寧にご回答させていただきますので,お気軽にご質問ください。

お問合せ・アクセス・地図へ